スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与那国~リベンジ&記念ダイブ~(2011年1月)

今年の1月、与那国へ2回目のダイビングへ行ってきました!

今回は、前回見れなかったハンマーヘッド・シャーク(シュモクザメ)へのリベンジと、自身の400本記念ダイブです。

前回は、昨年の3月でしたが、今回はより見える確率が高いとも言われる1月。

連日の目撃情報を聞いていると、期待も高まります。



早朝、羽田から石垣島直行便で3時間。石垣島から乗り継いで与那国島まで30分。

日本の最西端の与那国は・・・意外と涼しい。

日中は東京より暖かいけど、朝、夕は結構肌寒いので服装は注意が必要な季節です。


で、結果から言うと、ハンマーに出会えましたよ!

それも2回。

小さめの群れだったけど、ごつくて、でかい(神子元島周辺よりそうらしい。自分見たことないけど)やつらに、感動~\(゜ロ゜)/

ハンマー1
[大きい写真 1024*768]
ハンマーの群れ~。
ハンマー2
[大きい写真 1024*768]
与那国ブルーの海をバックに悠々と泳ぐ姿は・・・興奮と感動を覚えます。

撮れた?
ちょっと遠目だったので、必死に追いかけたメンバーの写真を確認。よく撮れたようです。


与那国と言えば、もうひとつ海底遺跡という目玉があります。

こちらも再度訪れました。

海底遺跡、ワイドレンズ欲しい・・・
ワイドレンズが欲しくなる、でっかさです。

これを目的としてきたメンバーも満足そうでした。
が、今回は海況によって「水路」とか「三角プール」が見れるコースじゃないんです。残念。

ハンマー3_水深39m
2回目のハンマーとの遭遇。水深39メートルまで迫りました。

いやー、危うく40メートル超えるとこだった。
(ファンダイビングで40メートル超えちゃダメね、PADI的に)

与那国ブルー
[大きい写真 1024*768]
うーん、南国の海はやっぱりいいね~。


もちろん、地上でも楽しいのですよ。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : 趣味・実用

tag : ダイビング 与那国 デジカメ

与那国の写真(2010年3月~その他~)

もう、1年前の話ですが、

与那国ダイビングに行った時の写真を上げておきます。

いや、ブログ書こうと思ってサイトに写真をアップまでしておいて、書き忘れてたよ~orL

ということで、取り急ぎアップだけ!

海編
チョウチョウウオの群れ
チョウチョウウオの群れ
ムレハタタテダイ
ムレハタタテダイ
ハタタテハゼのペア
ハタタテハゼのペア
ホソカマスの群れ
ホソカマスの群れ
なんかのカニ・サンゴの奥深く・・・
なんかのカニ・サンゴの奥深く・・・
バラクーダの群れ
バラクーダの群れ
バラクーダの群れアップ
バラクーダの群れアップ
朝焼け
朝焼け、この後・・・
ジンベエザメ・奇跡の遭遇1
ジンベエザメ・奇跡の遭遇1
ジンベエザメ・奇跡の遭遇2
ジンベエザメ・奇跡の遭遇2
ジンベエザメ・奇跡の遭遇3
ジンベエザメ・奇跡の遭遇3

そして、地上編

続きを読む »

テーマ : ダイビング - ジャンル : 趣味・実用

tag : ダイビング デジカメ 与那国

与那国の写真(2010年3月~海底遺跡?~)

先日、3月に与那国に行って来たことを書いたが、その時の写真です。

先日の記事(「与那国ダイビング、日本の最西端だぁ~」

与那国島の空港
日本の最西端の島。
隣の日本の石垣島より、外国の台湾の方が近い南国パラダイスです!
着いた日は、気温は低めでしたが天気はよかったです。

ダイビングサービス・民宿から最西端を望む
与那国ダイビングの拠点となる、与那国ダイビングサービス(YDS)の隣から最西端の灯台を臨んで一枚。

海底遺跡の入り口
一日目に潜った海底遺跡(と言われているところ)。
まだまだ真偽は定かではないですが、「遺跡」だと思った方がロマンがあっていいよね。
写真は遺跡の門…らしい。

海底遺跡のメインテラス
おおきく開けたメインテラスです。
結構な広さでまっ平らになってます。
階段にしては一段が大きいような…。

楽しい遺跡散歩
流れが強いと行けないところも結構あるそうですが、この日は結構穏やかで、いろいろ回れました。

海底遺跡の水路
プロの建築家が実際に潜って見て、これは自然現象では作られない、と言ったらしい水路跡、と言われるもの。
写真ではわからないが、この縦に入った大きな溝の前後に浅い溝が続いている。
確かに人工的な匂いがする。

海底遺跡の三角プール
周りが階段状になっていて、何かに使われていた、と言われればそう思ってしまうかも。
プールの底の周りには、柱穴跡、と言われる竪穴がいくつか開いている。

うーん、今度行ったらもう少しワイドに、全景を入れるように写真を撮ってみたいな。

ちなみに、浅いので素潜りに自信がある人は、海況が良ければスキンダイブでも楽しめるかもね。


=カデナ=

テーマ : ダイビング - ジャンル : 趣味・実用

tag : 与那国

与那国ダイビング、日本の最西端だぁ~

先日、沖縄県の与那国へ行ってきました!

ダイバーの間ではハンマーヘッドシャークの群れが見られる有名ポイント。
一般の人にも、ドラマ「Dr.コトー」の舞台となった島、と言えばわかるだろか。

9月以来、仕事の都合で潜れなかったので、久しぶりのダイビング&旅行。
楽しんできました~。

----------

2010年3月11日

朝6時半ごろ出発の石垣行きの飛行機に乗るために羽田に。

朝早すぎ、のため、ダイビングショップに集まって車で向かった。

ダイビング器材は事前に郵送してあるので、手荷物だけでOKなのは楽だね。

空港にて

石垣島経由で与那国までは4時間半くらい…(意外と遠い!)

ちょっと気温は低かったが、天気も良くて南国って感じ。

宿泊およびサービスは、「よしまる荘」という民宿。
ダイビングサービスとしての名前は「YDS」(与那国ダイビングサービス)という。

民宿前から最西端を望む

日本の最西端の島、その最西端の灯台が見える場所だ。

ダイビングは目の前の港からボートで向かうことになる。
ダイビング器材はボートに積んだままになるので、ウエットスーツを着込んで港まで歩いて行ける。


着いた日の1本目は「海底遺跡」。

TVで見たあの海底遺跡(と思われる場所)を実際に見て触れて来た。
実際に見れば、確かに人工的なものを感じるものだった!

2本目はハンマー狙いの「西崎」(いりざき)。

透明度が与那国にしては悪いらしい。(伊豆で慣れてると十分なのだけど・・・)
ハンマーは、遠目に2,3匹見れたが、はっきりと、近くでは見れなかった。
写真にも撮ったけど、まるで幽霊のような影しかなく…。

夜は夕飯後にガイドの金ちゃんを含めて飲みながらログ付け。
ビール(地元オリオンビール)で始めて、与那国の泡盛「どなん」を飲んだ。


2010年3月12日

ハンマー狙いで早朝(朝食前)ダイブ1本を入れて4本を潜った。

1本目、2本目、4本目は「西崎」。

早朝、4本目は、イソマグロとかはいたが、ほかに特に大物は出なかった。
2本目はハンマーは出なかったが、バラクーダの群れに遭遇!!
カデナはバラクーダは初めて見た!
見たかった群れの一つで、興奮して追いかけてシャッター切りまくりでしたよ(^_^)v

3本目は「光の宮殿」。

天気もよかったので穴の中は上に空いた隙間からの光がきれいでした。
もっと透明度が高ければ、もっとすごいことだろう。

夜は夕飯後にガイドの人を含めて飲みながらログ付け。
ビール(地元オリオンビール)で始めて、与那国の泡盛「どなん」を飲んだ。
(あれ、昨日と同じだ)


2010年3月13日

潜るのは最終日となる。(翌日は帰る日で潜れない)

ここまでハンマーの群れには巡り合えず!(>_<)

狙って行った早朝ダイブの「西崎」で予想外のものが出ちゃいました!

そう超レアもの「ジンベエザメ」くんが!(@_@;)

何もなかったなぁ、と安全停止に向けて浮上中の諦めかけたそのとき、
ガイドの金ちゃんが何かを指さしで猛ダッシュ!

何がいたのかはわからないが、みんなで猛ダッシュで追跡。
すると、ぼわっと見えてきたシルエット。ハンマーが2,3匹か!?
と思ったら、体の斑点が見えてきて・・・なんと「ジンベエザメ」ではないですか!

まだ、子供だったけどもそれでも、3、4メートルくらい。
写真にもしっかり撮れました~。
浮上してからみんな大興奮。
宿に戻ってから、他のチームにお知らせ。ちょっとしたヒーローチームになっちゃいました。

2本目は「ダンムドロップ」。
ドロップオフの地形で流れを楽しみながら、マクロ系含めたお魚を楽しんだ。

3本目はまたまた「西崎」。
ハンマーを狙ったけども・・・。残念。

与那国の最後のダイビングの4本目は「ダンヌ浜」。
お魚ウォッチングを楽しんだ。
最後にホソカマスの群れを見つけて〆としてはいい感じだった。

※間違っても「サンマ」ではありません・・・よ!(内輪ネタですが(^_^;)

最終日の夜は、
もう次の日は潜らないので、歩いて行ける居酒屋さん「海響」(いすん)で食って、飲んだ。

おいしい沖縄料理をいっぱい食べて、「どなん」をいっぱい飲んだ。
記念ダイブの人たちには、ダイビングサービスで与那国の泡盛にラベルを入れてプレゼントがあった。
ちょっと羨ましかった~。
でも、もったいなくって飲めないかもなぁー。


2010年03月14日

グッバイ、与那国!

11時半出発の石垣行きの飛行機で楽しかった与那国ダイブも終わり。

帰りは与那国-石垣-那覇-羽田と帰る。

みんな、お土産を抱えて明日からの日常に戻る。

いつも、この時がちょっと辛いね。
でも、この日常があるから、今回みたいにダイビングにも来られるわけで。


さて、今回はハンマーの群れには出会えなった。
まだ、リベンジするしかないな。



(^_^) =カデナ=

テーマ : ダイビング - ジャンル : 趣味・実用

tag : 与那国 ダイビング デジカメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。